● 緑豊かな熊取町で、自然とかかわり、ふれあい、楽しむ活動を提供し、自然の魅力や大切さを伝えています。
● 環境の保全・子どもの健全育成を2大柱にしています。

☆ 下へスクロール ☟ ☆
     

お問い合わせ

トピックス

※LINE公式アカウントを作成しました![サイド]または[一番下]のエリアの[友達追加]ボタンをクリックして、お友達の追加をお願いします。
※20数年にわたり発行してまいりました、グリーンパーク熊取だよりは夏号vol.101をもちましてひとまず終了させていただきます。
10月よりリーフレットタイプ
「グリーンパーク熊取通信」にリニューアルして、春、秋の年2回発行とし、今まで通りイベントやグリーンパークの活動をお知らせして参ります。
※ホームページからお問い合わせができるようになりました。お返事にはお時間をいただく場合もございます。
※現在、新型コロナウィルス対策として、入場者全員の体温測定と手指のアルコール消毒をお願いしています。

※11月1日より予約システムをリニューアルしました!
以下よりお申込み下さい。最新の予約状況は、電話にてお問い合わせ下さい。
↓お申し込みはこちらから
野活広場を予約

イベントを予約
↑お申し込みはこちらから~

~「しめ縄を作ろう」~(500円)
申込受付:先着30名(ネット15名、電話15名)
開催日時:12月18日(日)(10時~12時)
申込期間:12月8日(木)~
================
「しめ縄作り」イベント、本日(12/8)予約受付を開始しましたが、電話、ネットともに即日満員となりました。ありがとうございました。また、参加を予定していて、ご予約できなかった方には申し訳ございませんでした。
================
~「新春野草観察と七草摘み」~(50円)
申込受付:先着20名(ネット10名、電話10名)
開催日時:1月9日(祝,月)(10時~12時)
申込期間:12月10日(土)~

↓詳細はこちら

最新イベントのページへ

くまとり元気広場

↑お申し込みはこちらから

~わらでクリスマスリースを作ろう~(無料)
開催日時:12月17日(土)(10時~12時)
申込期間:12月2日(金)~ 申込受付(先着10名)
 
生涯学習推進課072-453-0391

『野外活動ふれあい広場』案内 ~動 画~

〔動 画〕
☆下画面の『野外活動ふれあい広場Final』文字を
クリックyou tubeを全画面にしてご覧ください!

最新記事[更新履歴]

♪ 心をこめた記事と写真です。無断で使わないでくださいね ♪
クリックで各記事へリンクします。

(♪ およそ1か月で、各ページに移動します♪)
イベントの記録  グループ活動など  熊取町イベント支援  学校および各種団体支援  ブルーベリー園記録
 [更新日】   【アップ項目】
2022.11.20 南中学校里山体験学習
2022.11.15 おおさか山の日
2022.11.1311月里山保全活動
2022.11.05 緑化フェアー
2022.10.26 秋の野鳥観察
2022.10.23 中央小学校4年生秋の遠足
2022.10.17 東小学校4年生秋の遠足
2022.10.16 10月里山保全活動
2022.10.08 「根来山げんきの森」ハイキング
2022.10.05 東小学校”水生生物かんさつ会
2022.10.01 元気広場「竹ポックリを作って遊ぼう」

南中学校「里山間伐体験学習」《2022年11月17日》

快晴のふれあい広場に南中学校1年生の生徒148名と引率の先生8名が早朝9時に集合しました。

学校支援の中でも大きなイベント“間伐体験学習”が久しぶりに実施されました。

今日は自然と触れ合い、力を合わせて木を切る連帯感、伐り倒した時の達成感を存分に味わってもらいましょう。

出発前の挨拶交換のあと作業の安全遂行を第一に「皆さんお昼には怪我無くここへ帰ってきましょう」との注意を強く伝え、いよいよ出発です!

野田地区のヒノキ林に着くとヒノキに①~⑫の番号札が貼ってあり、各班はサポーターの誘導で目指す木の下に集まります。

みんなで上を見上げ倒す方向を見つけ、その方向にうまく倒れるようにくさびがたの受け口を切り込み、ロープを張り、交代で切り進みます。

 やがて幹の中心で「ボキボキ」と音がして、引っ張って!!」の合図で、力を合わせてロープを引っ張ると、「メキメキ、ドス~ン」の轟音とともに倒れました。
思わず皆の拍手がわきます。

伐り終わっても枝が引かる“掛かり木”があちこちで発生。

根元にロープを結んで、力を合わせて引っ張り倒していきます。

枝を払い、丸太を2mの長さに玉切りし、午後からのコースターの材料として使うため軽トラまで運びます。

ふれあい広場に到着すると正午。楽しみのランチタイムです。

お昼からは和田山への散策、広場でのコースターづくりに取り組み、

一日の体験学習を終え、青春のさわやかな思い出づくりとなったことでしょう。

おおさか山の日 《2022年11月12日》

大阪府では、森林の果たす役割と森林を守る意義の理解を深める契機として、11月第2土曜日を「おおさか山の日」と定めいろいろな取組を進めています。

熊取町では「緑と自然の活動推進委員会」の催しとして、①間伐体験、②雨山クリーンハイキング、商工会婦人部の皆さんによる③永楽ダム周辺クリーン活動が行われました。

 

間伐体験は近隣のヒノキ林で間伐の必要性を学びながら、密集したヒノキの伐採を体験しました。

 
ハイキングは熊取の名峰「雨山」に登り、紅葉が始まった山々の美しさを堪能し、人の心を癒す役割を実感しました。


商工会婦人部の皆さんはお揃いのユニフォームで、若々しく永楽ダムへの道中のクリーン化を実施しました。

11月里山保全活動  《2022年11月10日》

今月は24名が参加し、間もなく実施されるイベントの山林へ出かけ、安全に行うための手入れをしました。

【大阪山の日活動山林整備】

枯れた松の除伐「大変でした!!」


【昼食は豚汁にコロッケ付き】


【南中学校間伐体験山林整備】

南中学校の間伐目印となる番号を表示

第26回熊取緑化フェアー《2022年11月5日》

 今年の緑化フェアーは会場を“永楽ゆめの森公園”に移して、雲一つない秋晴れのもとで実施されました。

グリーンパーク熊取は花卉(かき)組合の皆さんとともに、公園の芝生広場に通じる歩道に三張りのテントを構え参加しました。

・手作り品販売・燻製料理・焼き印コースターの催しで公園ご利用の皆さんに町内の緑化の促進をアピールするとともに、緑化によって得られたさまざまな素材の利用で『楽しさと幸せを実感できる』取り組みを行いました。

【焼き印コースター・コーナー】

お客さんが最初に出会うのはこのコーナー。ヒノキのコースターはスタッフが半年がかりで作った力作。炭火で真っ赤に焼いた“焼き印”を押し付け焼き目を付けると熊取町のキャラクターが鮮やかに浮かび上がります。

子どもたちはスタッフに助けられながら自分で作っていきます。

リボンで飾ったコースターを首にかけた姿があちこちに目立つほど、大盛況でした。

【燻製料理・コーナー】

4つの手作り燻製釜で、桜の燻製チップを使い調理。食材はクラッカーにチーズをのせたものとウインナーの2種類。焼き上がってテーブルに並べると一面に素敵な香りが漂います。「サーどうぞ!」香りと呼び声に誘われてたちまち人だかりができ「あっつう、美味しい!」調理が追い付かないほどの人気です。

【手作り品販売・コーナー】

緑化推進活動の中で生まれた素材を使った、工芸品や草木染のスカーフなどを販売しました。今年新登場の“達磨落とし”はゲームにチャレンジして、見事ダルマさんが立ったらおまけで高価なアクセサリーをゲットできるとあって大変賑わいました。


秋の野鳥観察 《2022年10月23日》

 3組の親子連れ6名が参加してくれました。事前のルート観察では野鳥の姿が例年にも増して少なく、少し心配しながらスタートしました。

東谷池へ着いても水鳥たちの姿はなく「やっぱり」と、意気消沈したスタッフを元気づけてくれたのは参加のこどもたち、「今日はどんぐり拾いや!」、オンブバッタを捕まえて翅を広げ「これはチョット変わった色してる」と小学低学年とは思えない博学ぶりで、興味津々動き回ります。

すると、突然空高く飛び去る鳥が。一同俄然色めき立ち「トビではない、何だろう」図鑑を見て調べます。

新池展望台を目指す樹林ではしきりに小鳥の鳴き声が、指をさして姿を追います。

和田山の裾道を一周して別所池へ。
対岸をよ~く観察するとカルガモが3羽休んでいます。スコープの照準を合わせかわるがわる見ていると、一斉に飛び立ちました。

その後、成合地区に入ると雀が多く“森の中”とは違った生態が良くわかります。

ふれあい広場に帰り、姿を見たり鳴き声を聴いた鳥を確認(鳥合わせ)し、最後にサプライズで、リーダーがどんぐりで作ったアクセサリーをプレゼント、

参加者の喜ぶ笑顔の中、観察会を終了しました。

中央小学校3・4年生郊外学習  《2022年10月20日》

秋晴れの素晴らしい天気の中、中央小学校3年生84名・4年生109名が野外活動ふれあい広場で郊外学習を行いました。

学習はⒶ和田山ウオークラリーとⒷ広場でのクラフトです。

生徒たちはⒶⒷの2組に分かれ午前・午後で交代して一日たっぷりと楽しみます。

朝の挨拶を交わした後Ⓐ和田山ウオークラリーとⒷ広場でのクラフトに分かれプログラムの説明を受け、Ⓐグループはリーダーを先頭に頂上に向かって山登り。

途中2か所のポイントに先生が立って楽しい問題をします。

「な~んや簡単や」とか言いながら正解するとグループの一体感が生まれます。

頂上に着くと西には関西空港、北の遙か彼方にあべのハルカスが見えます。

スタッフが2台のスコープを構え生徒を迎えます。

記念撮影をパチリ!そして急な下り坂を飛ぶように降りて、次のポイント新池展望台で熊取町の町並みを見て、次は年輪と違って枝の数で松の木の年齢を数える方法を学びました。

少し行くと先生が待ち構え大声コンテスト、先生より大きな声を出すと合格。

次はジェスチャーゲーム、リーダーが問題のカードを引きジェスチャーでみんなに伝えます。最後は俳句作りです「季語は?」と言いながらつぎつぎと出てくる言葉を五・七・五につなぎ良い俳句が完成!

ふれあい広場につくとお昼です。それぞれ場所を決めお弁当を開きます。

 

午後からはクラフトに挑戦!

学習棟では『えんぴつくん』作り。桜の小枝の先端を鉛筆のようにとがらせますが、ナイフで削る作業が難しい。あとは色を付け目玉を接着して紐を付ければ素敵なアクセサリーが完成。

 

グランドでは名札づくり。太い枝を鋸で切り、サンドペーパーで磨いて名前を書きニスで固め安全ピンを付けて完成です。

 

 

一日盛りだくさんのメニューをこなし、おもいっきり楽しんだ“顔” “顔”“顔”、
サポートの苦労が吹っ飛びました。

東小学校4年生秋の遠足 《2022年10月14日》

抜けるような青空のもと、さや池・雨山川周辺で野外学習を実施しました。

さや池ではモンドリを引き上げ池の生き物を確認。雨山川にジャブジャブ入って「サワガニ見つけた!」との声が聞こえてきます。落ち葉などが積み重なったフカフカの小路を歩くと大きなスギやヒノキの林に出ました。春になるとスギがたくさんの花粉を飛ばす仕組みなど興味深い話を聞きました。

自然の中での活動は「メチャ楽しかった」ようすでした。

 「サァー!」スタート

 

さや池の生き物たち


「ず~っとここにいたい!」雨山川の冒険

 

スギとヒノキ林で「林間学校」


グリーンパーク熊取の皆さんありがとうございました


10月里山保全活動  《2022年10月13日

10月も半ばなのに夏日が続く中、24名の会員が参加して10月の里山保全活動を行いました。

午前中は3年間で150本の間伐を予定している『野田地区』に行きました。

また、菊グループも11月初めの文化祭に向け、展示用の孟宗竹伐りを行いました。


野田地区間伐


山から運び出し

 

菊展示用孟宗竹の伐りだし


久しぶりに女性グループによるカレーの炊き出しがあり美味しく頂きました。


午後は東小学校4年生の遠足で訪れる『さや池』の草刈を行いました。

後日行われた東小学校遠足では事前の草刈で安全に行事が実施でき、大変感謝されました。

「根来山げんきの森」ハイキング 《2022年10月6日》

 

 

秋のさわやかな一日を手軽に楽しんでもらえるハイキングコースとして、根来山げんきの森に出かけました。

極端に暑かった初秋でしたがこの日は一転して秋らしい気温の中、14名が参加しなだらかなトレイルルートを散策しました。

80種類以上の樹木や秋の野草の中をメンバーは興味津々で観察しながら、1.5kmの道のりを、何と1時間半かけて楽しみました。


午後は隣接した「緑花センター」へ足を延ばし、花壇を真っ赤に彩ったケイトウや、

一日に白から桃紅色に変化するスイフヨウに感嘆しながら庭園を一周。

温室の熱帯植物を見学。

花好きなメンバーはすっかり堪能してハイキングを終了しました。

東小学校3年生「水生生物かんさつ会」 《2022年9月28日》

 

自然の水に棲んでいる生き物を体育館に展示して観察する「水生生物かんさつ会」が、コロナ禍を乗り越え3年ぶりに実施されました。

6か所の展示コーナーを1グループ約13人が5分間ごとのローテーションで観察して回るとってもハードなスケジュールでしたが、生徒たちは歓声を上げながら食い入るように生き物を見つめ、観察ノートに記録していました。

生きてる状態で展示品できるよう、捕獲して飼育するのは苦労の連続でしたが、生徒たちの熱気と喜ぶ姿を見て疲れも吹っ飛びました。


  • 魚やほかの生きもの


  • イモリ、かえる、カワニナ


  • ヤゴ、水生昆虫


  • サワガニ、エビ


  • アメリカザリガニ“さわってみよう”


  • ドジョウを“さわってつかんでみよう”

元気広場「竹ぽっくりを作って遊ぼう」《2022年9月24日》

台風15号は関東へ抜け,台風一過素晴らしい好天となりました。参加者は未就学児2名,小学生3人,大人2名の合計7名。手伝ったパークスタッフ(3)7名。

通常「元気広場」は毎月第4土曜日で,簡単な昼食作りがメインの活動ですが,今年はコロナ対策のため食事はしないことになり,今回は「竹ぽっくりを作って遊ぼう」です。

まずはラジオ体操を元気よく。作り方の説明を聞いた後,直径10センチ越えの孟宗竹の節の1センチ下と9センチ上を竹用のこぎりで切る。まっすぐに切るのは少し難しく,小さい子は結構苦労しましたが,無事全員完了。側面にドリルで穴を開けてもらって,その穴に6ミリのPPロープを通して竹の中で結ぶと完成。色マジックで名前や模様を描いてさっそく歩行練習。

10メートル競走や石段登りをして遊びました。陽当たりの良い広場にはたくさんのウスバキトンボが飛んでいて,しばしトンボ採りも。

みんな楽しんで遊んでくれてなりよりです。高齢のパークスタッフにとっては,参加してくれた子どもさんの笑顔が,我が孫を愛おしむごとく,何よりも嬉しかった半日でした。

お問い合わせ