NPO法人 
グリーンパーク熊取公式HP




● 緑豊かな熊取町で、自然とかかわり、ふれあい、楽しむ活動を提供し、
 自然の魅力や大切さを伝えています。
● 環境の保全・子どもの健全育成を2大柱にしています。

☆ 下へスクロール ☟ ☆
     

お知らせ(ブルーベリー狩り)

ブルーベリー狩りは8月31日までの予定でしたが、農園コンディション不良のため8月2日をもって終了させていただきました。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
来年度7月からのご来園をお待ちしています。

『野外活動ふれあい広場』案内 ~動 画~

〔動 画〕
☆下画面の『野外活動ふれあい広場Final』文字を
クリックyou tubeを全画面にしてご覧ください!

更新履歴

・・・♪ 心をこめた記事と写真です。無断で使わないでくださいね ♪
       ♪ およそ1か月で、それぞれ他のページに移動します♪

 [更新日】   【アップ項目】
2020.07.21    さや池ビオトープの調査(7月) ・・・(下へスクロール)
2020.07.19    ブルーベリー狩スタート・・・(下へスクロール)

2020.07.17    大菊の福助仕立て講座 第1回・・・(下へスクロール)
2020.07.17    里山保全研修会・・・(下へスクロール)

2020.06.30    ポプラの伐倒・・・(下へスクロール)
2020.06.23    熊取図書館のグリーンカーテン作り・・・(下へスクロール)
2020.06.23    ブルーベリー園のネット張り・・・(下へスクロール)
2020.06.18    南小学校4年生 野鳥観察・・・(下へスクロール)

2020.06.10    グリーンパーク農園「田植え」・・・(下へスクロール)
2020.04.26    和田山BerryParkのページを公開しました
・・・(トップのタブからお入り下さい)
2020.03.19    今年も植樹しました・・・(下へスクロール)
2020.02.10    2月里山保全活動・・・(下へスクロール)


さや池ビオトープの調査(7月) 《2020年7月15日》

コロナ感染予防のために多くの対外的イベントを自粛している状況ですが,3密を避けた野外活動として,さや池ビオトープの生き物調査活動を毎月1回,1年間継続していくこととしました。まずは1回目を715日に行いました。

さや池ビオトープの整備には長年多大な労力を費やしてきていますが,それが充分活かされていない状況です。季節毎の生き物の様子や林,川,池での生き物の生息環境のつながりを観察し,今後の活動に役立てていきたいと考えています。

とりあえずの目標は,パンフレットを作成することです。子ども達を含めた多くの方々に「さや池ビオトープ」の四季の様子をお知らせすることができればと考えています。


 本日の観察成果:

水生生物 
カワニナ,スジエビ(抱卵),サワガニ
トンボのヤゴ→モノサシトンボ,クロスジギンヤンマ,サナエトンボ(?)

昆虫 
コオニヤンマ(),コシアキトンボ(),ショウジョウトンボ(),シオカラトンボ(),モノサシトンボ,アオイトトンボ,ナツアカネ(?),ナミアゲハ,ヤマトシジミ,ヒメウラナミジャノメ,ベニシジミ(黒化型),シオヤアブ,イエバエ,キリギリス,ショウリョウバッタ,オンブバッタ,蛾の蛹(?)

ブルーベリー狩スタート 《2020年7月12日~》

3年がかりで丹精込めて育て上げた「和田山Berry Park」が本格的に開園し、ブルーベ
リー狩がスタートしました。

今年は長雨が続き予定より1日遅れの7月12日よりお客さんを迎えましたが、1週間前の
予約開始の朝は事務所の電話が鳴りっぱなし、10分ほどで満員となる幸先の良い状況
で、続けてお電話いただいた方には申し訳なさでいっぱいでした。

来園された方には体温測定など「新型コロナ」対策を行い、農園のテントに集まってブ
ルーベリー狩の説明のあと、早速スタッフが指定区画へ案内しました。

それぞれの畝には胸の高さほどに伸びたブルーベリー樹に鈴なりの“果実”が実っていま
す。「紫色の大きい実がおいしいですよ」案内人のアドバイスで、一つつまんで口に入
れると「おいしい!」、との声があちこちで飛び交います。

「いっぱい食べてくださいよ」と声をかけると、「もうおなか一杯!」笑顔の口元を見
ると、なんとお口の中はまるで“お歯黒”ムラサキ色に染まっています。

お持ち帰りのパックにはふたが締まり切れないほどいっぱい詰め込み、皆さん満足気で
した。

 

なかば不安を抱えての開園でしたが、お客さんの喜んでくださる姿に開園までに精魂つ
くした準備が報われ、ひと安心。


お客さんを迎えるごとに、新しい経験の連続ですが、改善を重ね「泉州一」のブルーベ
リー園に発展させていく決意がみなぎってきました。

大菊の福助仕立て講座 第1回  《2020年7月11日》

 コロナ禍によりグリーンパーク熊取のイベントも3月以降次々と中止せざる得なくなりましたが、花好き菊好きの方々のためにぜひとも講座を実施すべくいろいろ検討して、3密対策を行った上で、久々のイベントを実施する事が出来ました。

 「大菊の福助仕立て」とは大菊を5号の小鉢で草丈30㎝ぐらいに育て、しかも大菊に負けないくらいの大きな花を咲かせる方法です。「福助」の名前の由来は大輪の花が咲いたその姿が「福助人形」の様に頭でっかちになる所から付けられたというのが通説になっています。

 小鉢なので場所をとらない、作業の負担が少ない。持ち運びが容易である。などの理由で近年特に女性にも人気のある菊づくりです。今年の受講者は15名(男性7名女性8名)でした。その内初めての方が7名で、残りの方は複数回の参加経験があるリピーターでした。

 3回シリーズの第1回目として、刺し芽の手順説明の後、グリーンパークメンバーにより、刺し芽用土の準備~刺し芽まで丁寧に指導しながら順調に進行し、3週間後の次回、鉢上げ時には立派に根付いた苗が出来上がるよう、今後の管理要領を説明し終了しました。熱心にメモを取られる姿もあり、各受講生の意気込みが感じられた講座風景でした。

里山保全研修会 《2020年7月15日》

梅雨の合間の晴天の午後、日頃よりお世話になっています小川機械の小川氏に「伐倒」の実地研修をしていただきました。

ブルーベリー第2農園裏手の山林の檜が今日の研修場所です。

伐倒する木の周りに安全テープを張り安全区域の設定をし,木の反り具合やかかり木の可能性を勘案して伐倒方向を決定。受け口、追い口をチェーンソーで切り、途中でクサビを追い口から打ち込みほぼ狙いの方向に切り倒しました。

 枝切りの仕方や玉切りの仕方についてもトラブルケースを想定しながら上手に説明をしていただきました。さすが大阪きってのベテラン講師の面目躍如です。

他の機材も使用目的に応じて説明されました。

水分補給の休憩をはさみ学習棟では山林従事者の重大事故の多発から、安全教育の充実を図るため補講を受けることや防護ズボン(改良型)の着用義務など規則改正がなされたことなど裏話を交えて教えていただきました。

最後に「ソー(鋸刃)」のヤスリかけについて丁寧に教えていただきました。

 

今回の研修は我々にとっては基本を見つめなおす、またとない絶好の研修会でした。

「安全は基礎研修が大事である」と再確認しました。

伐倒域にテープを張り「立ち入り禁止」
これからこのずぼん着用が必須です
チェンソーの研ぎ方、「やすりの直径を間違わないように」

ポプラの伐倒 《2020年6月30日》

ふれあい広場のシンボルツリー「ポプラ」の一本が枯れました。 ここ数ヶ月,周りに子株がいくつも出てきていました。が,ついに親株の枯葉が目立つようになり,根元にキノコが生えるようにもなりました。ナラ枯れのような虫の被害なら隣の元気なポプラにもうつる可能性があります。ほおっておいて倒れても危険だと判断して,伐倒しました。(作業の様子をご覧ください)
ナラ枯れ特有のキクイムシは発見できませんでしたが,オサムシ科の昆虫が見つかりました。
あやふやではありますが,年輪からは20数年以上の樹齢です。周りに子株がいくつも出てきていたことを鑑みると,樹の往生に我々が手をかしたことになるのかもしれません。
見慣れた大樹が居なくなると寂しいものです。

熊取図書館のグリーンカーテン作り 《2020年6月22日》

コロナ禍の影響で例年と色々と違う今年ですが,夏はやって来ます。本格的な暑さの前にと,町立熊取図書館の西日の入る閲覧室の外にゴーヤの緑のカーテンを設置する計画に今年も協力しました。梅雨の晴れ間の6月22日,17人のメンバーが9時に集合して作業開始。(作業の様子をご覧ください)

ブルーベリー園のネット張り 《2020年6月20日》

満開の紫陽花がブルーベリー農園を取り囲んでいます。金曜日の予定が雨で土曜日になりましたが,あまり暑くなくて最適の作業日和でした。9時半に25人が集合して,午前中まずは,畳んであった第1農園の天井にあたる白ネットを全員で展開。昼からは第2農園の周囲を取り囲む緑ネットの張り付けと,第2農園のゲートの仕上げと扉の据付。着々と開園準備が進んでいます。

南小学校4年生 野鳥観察 《2020年6月17日》

4•5月は学校も休校でしたが6月に入って徐々に再開し,ようやく通常授業となったようで,グリーンパークの学校支援活動も今日から再開です。梅雨入り後ではありますが,朝から日射しが強く,9時には24.5℃まで気温が上がりました。我々スタッフ9名は8時20分に南小学校に集合して4年生(40)の野鳥観察活動をお手伝いしました。


お付き合いいただいた校長先生も含め全員マスクですが,ソーシャルディスタンスは今ではほどほどです。
ごあいさつ,そして「騒いだりして鳥たちを驚かさないように!」と注意事項の後,3つのグループに分かれて,野鳥探索開始。

6台の望遠鏡を使ってみんなで交代に覗きました。
1分間の「サイレント・タイム」で耳をすませば,目には見えないウグイスの美声がはっきり聴き取れました。


1時間ほどで校庭に戻り,みんなで探鳥会恒例の「鳥合せ」をしました。今回の収穫は,イソヒヨドリ,ウグイス,カワラヒワ,キジバト,スズメ,ツバメ,トビ,ハシブトガラス,ヒヨドリ,ムクドリ,コサギと全部で11種類でした。写真を示しながらの簡単な説明もありました。



池が宅地に変わったりして野鳥の環境は年々悪くなってはいますが,南小学校近辺は田畑や藪がまだまだ残っています。身近で多くの野鳥に接することができるこの環境は子ども達にとって幸せなことでしょう。自然学習に積極的な学校の取り組みにこれからも協力していければと願っています。

北門から下って下の田畑へ。
ツバメは数分間以上も電線に留まってみんなにポーズを取ってくれました(燕尾型の尾羽がまだ短い幼鳥らしい)。
北門脇の藪にはウグイスの使われていない(去年の)巣がありました。
野鳥観察が終わった頃,5年生はブロックで手作りした小さい田んぼで田植え。スタッフのメンバーもお手伝いしました。

グリーンパーク農園「田植え」《2020年6月9日》

コロナ騒ぎで多くの活動を自粛している現状ですが,田植えを欠かすわけにはいきません。梅雨入り直前の6月9日,31(26女5)のメンバーが9時半に集合して,暑い陽射しのもと田植えをしました。
種まき,苗床作り,水管理と担当者が丁寧に育てた餅米の苗は十分に育っています。初心者向けのレクチャーの後,ブルーベリー農園の脇にある田圃にいざ出陣。

畔に並べた苗束を次々に投げ入れると,さぁいよいよはじまりです。ソーシァルディスタンス()をあけて並んだ20人が,リーダーが両端から引っ張った紐の赤い目印に数本ずつ植えていきます。
「あと少しで終わるぞー!」 1時間足らずの作業ではありましたが,炎天下の中腰姿勢が辛い高齢者集団です。

昼食の味噌汁作りに女性陣が奮闘してくれました。美味しいお弁当で疲れも吹っ飛び,コロナ自粛でしばらく会えなかった友達との久しぶりの再会を喜び合いました。



毎年変わらないおなじみの光景ですが,みなさん例年との違いをお気づきでしょうか? そうです。マスクして田植えです。最後の方は暑くて外す人も出てきましたが,こんな光景は今年だけであってほしいものです。

苗束の投げ入れ
マスクとソーシャルディスタンス
1時間足らずで完了!
疲れを癒す味噌汁と弁当

今年も植樹しました 《2020年3月6日》

大阪府みどりの基金により例年行われている緑化樹配布事業に協力して,樹木の苗木を今年も和田山周辺に植樹しました。グリーンパーク熊取のメンバー13人は930に集合して,まずは予定地の草刈り・整地。



イロハモミジ10本は東谷池の周辺に,ソメイヨシノ10本は東谷池に向かう小道から見上げる斜面に植えました。準備したそれぞれ2本の真竹をクロスに打ち込み,ゆるく苗木に結わえて添え木としました。樹種の銘札も付して,潅水し,無事昼前には植樹を終えました。


東谷池周辺には,少しずつではありますが桜と紅葉が着実に増えていっています。1020年後にはきっと春秋それぞれの名所になっていることでしょう。その時を楽しみに健康に長生きしたいものです

添え木をして
水やりして
作業完了!

2月里山保全活動 《2020年2月6日》

やっと本格的な冬の寒さが訪れ肌寒く感じられた今朝、28名の会員が参加して元気いっぱい里山活動に取り組んだ。

ラジオ体操で体をほぐし、ミーティングの後は各班に別れて作業を開始した。

間伐は前回と同じブルーベリー農園の隣の里山。

大木をチェーンソーで切り倒していくがすぐそばには擁壁があり、農地に倒さないようチルホールを駆使して慎重に作業を進めていかなければならない。安全第一を徹底して伐倒・玉切りを行う。

里山の半分程度が間伐できたようだ。来月でこの作業も終了できるかもしれない。午後もこの作業が続いた。

広場ではマキ作りのため燃えやすい大きさに丸太を斧で割っていく。割り終えたマキが小山のように積まれ作業は順調に進んでいる。

昼食は酒かす入りの豚汁定食。冷えた体には温かい豚汁が一番さ! いつも美味しい昼食を作ってくださりホンマ会員一同感謝してます。後片付けの鍋洗いは男性が行う、当番は3、4班でみんなが分担して進める。これが我らのモットーだ。

来月は弥生三月本格的な春の到来だ、またがんばろう~!!

ブルーベリー農園の陽射しを確保
大きな檜もチルホールで擁壁をかわして伐倒
野外活動ふれあい広場 ここをクリック
http://www.town.kumatori.lg.jp/shisetsu/yagai/

ABOUT US

MOBILE SITE

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。


「リンク集」




PAGE TOP