HOME   >  イベントの記録   >  グループ活動など

グループ活動など

バックアップ

バックアップ~グループ活動など(2018/02~2022/05)を表示

11月里山保全活動  《2022年11月10日》

今月は24名が参加し、間もなく実施されるイベントの山林へ出かけ、安全に行うための手入れをしました。

【大阪山の日活動山林整備】

枯れた松の除伐「大変でした!!」


【昼食は豚汁にコロッケ付き】


【南中学校間伐体験山林整備】

南中学校の間伐目印となる番号を表示

10月里山保全活動  《2022年10月13日》

10月も半ばなのに夏日が続く中、24名の会員が参加して10月の里山保全活動を行いました。

午前中は3年間で150本の間伐を予定している『野田地区』に行きました。

また、菊グループも11月初めの文化祭に向け、展示用の孟宗竹伐りを行いました。


野田地区間伐


山から運び出し

 

菊展示用孟宗竹の伐りだし


久しぶりに女性グループによるカレーの炊き出しがあり美味しく頂きました。


午後は東小学校4年生の遠足で訪れる『さや池』の草刈を行いました。

後日行われた東小学校遠足では事前の草刈で安全に行事が実施でき、大変感謝されました。

「根来山げんきの森」ハイキング 《2022年10月6日》

秋のさわやかな一日を手軽に楽しんでもらえるハイキングコースとして、根来山げんきの森に出かけました。

極端に暑かった初秋でしたがこの日は一転して秋らしい気温の中、14名が参加しなだらかなトレイルルートを散策しました。

80種類以上の樹木や秋の野草の中をメンバーは興味津々で観察しながら、1.5kmの道のりを、何と1時間半かけて楽しみました。


午後は隣接した「緑花センター」へ足を延ばし、花壇を真っ赤に彩ったケイトウや、

一日に白から桃紅色に変化するスイフヨウに感嘆しながら庭園を一周。

温室の熱帯植物を見学。

花好きなメンバーはすっかり堪能してハイキングを終了しました。

和田山周辺整備 《2022年9月26日》

10月には各小学校の遠足や野鳥観察など久しぶりに和田山利用が増えます。

そのためにハイキング道の枯れ松処理や登山道に差し掛かる枝払い、展望台や駐車場の草刈りを行いました。

 

【頂上から新池展望台ルートの枯れ松処理(ルート⑬~⑥)】


【新池展望台、アプローチ道枝払い(ルート④~⑥)】


【東谷池堰堤】


【第二駐車場までのガードレール沿い】


【駐車場と広場周辺】

9月里山保全活動  《2022年9月8日》

今月の活動はふれあい広場の桜と栗の枯れ木伐採




新池散策道のイロハモミジに覆いかぶさった雑木伐採


新池散策道の枯れ木伐採を行いました


7月里山保全活動 《2022年7月7日》

7月7日の七夕の日、夕暮れには「ささのはさらさら」と涼しい風がそよぐはずですが、30℃を超す猛暑の中7月の里山保全活動を行いました。

今日の活動のメインは“野田地区山林”のヒノキ間伐です。

ここは大阪府からの依頼を受けて、グリーンパーク熊取が3年間で120本の間伐を行う場所です。山に入って3班に分かれ、11本のヒノキを伐採しました。

午前中で作業は完了し、ふれあい広場に戻ると、野菜たっぷりの夏カレーが待っていました。熱中症対策のためにも、先ずはしっかりと栄養補給!!

お代わりしてお腹いっぱい頂きました。

午後からは熱中症にならないように、こまめな水分補給と休憩をとりながら、間伐してきたヒノキで薪づくりです。

最近キャンプやピザ焼きのお客さんが多く、例年にも増して薪が多く使われています。

薪用に玉切りし、続いて薪割。

 

今回、初参加の新入会員は剣道7段の師範代。正眼に構え斧(ヨキ)を振りおろす姿の見事さ。あっと言う間に32束できあがりました。

また、別所池から駐車場に通じる道にはダンチクが生い茂り対向車の見通しがききません。さらにコナラの枝が道路に垂れ下がり、マイクロバスなど、車高の高い車の通行の邪魔になります。これらの草刈り、枝払いも行いました。

 

作業終了後は道具の整備を行い、反省の意見交換をして一日の作業を終了しました。

 

“ちなみに8月の里山保全活動は「お休み」で~す!”

腐葉土取り出し 《2022年6月8日》


12月下旬に採取してきた落ち葉とともにヌカ、発酵剤、を木枠に投入、その後毎月切り替えし、約5ヶ月たって今日取り出して、袋詰めにしました。


一袋30ℓ入りが125袋できました。


菊栽培に使うには、できた腐葉土の小枝を取り除き、腐葉土を細くする“モミモミ”、など培養土作りはこれからが大変です。

6月里山保全活動 《2022年6月9日》

先月の「里山保全活動」は雨天のため中止しましたが、今日は晴天のもと熱中症に注意を払いながらの活動となりました。

 

活動のテーマは①和田山の枯れ木や倒木の処理、②炭焼きかまどの整備、③田んぼやブルーベリー看板周りの草刈りです。

 

和田山の山頂へ登る道筋に大きな倒木があり、撤去作業に取り組みました。

おそらく3年前に大阪を直撃した台風19号によるものでしょう、とても大きくチェンソーで玉切りしましたがとっても難儀しました。

午前中で何とか片づけましたが苦難のため写真も撮れませんでした()

また松枯れも山腹のここそこに散見されます。数本伐採しました。


炭焼き窯はドラム缶を利用したグリーンパークオリジナルのかまどですが、使用後のメンテナンスがとても大切です。特にさび止めの処置が重要です。

防錆油として最適なのは家庭で天ぷらやフライ料理に使った廃油です。

ひと月ほど会員から集めた油を竹の先に巻いたウエスに染み込ませ、ドラム竈にまんべんなく塗ります。また、入り口の蓋にも塗り付けます。

これで次の炭焼きまで錆びることはないでしょう。


草刈り班は休耕中の田んぼや畑の草刈り。

そして72日のブルーベリー狩りが間近に迫った案内看板が夏草が茂り見づらくなっています。周りの草を刈り見通しを良くしました。

開園したらたくさんのお客さんが来園していただけるよう、暑さに負けず頑張りました。

 

昼食は美味しい“夏野菜カレー”で英気を養い、午後も残りの作業に取り組みました。

お問い合わせ